フォローする

Officeがなくても、PDF ReaderでWordファイルに署名できる方法

 

iPhoneやiPadなどの端末でOfficeソフトが入ってない場合でも、PDF ReaderでWordファイルにテキストの追加や署名ツールでサインし、ファイル共有できる3ステップを紹介します。

  

STEP 1: PDFフォーマットに変換

 

PDF ReaderでOffice文書を閲覧することはできますが、編集機能は対応していませんので、はじめに文書をPDFフォーマットに変換する必要があります。

  1. メールに添付されているWordファイルをPDFリーダーにコピーします。
  2. PDFリーダーでファイルを開きます。
  3. 「変換」アイコンをタップし、PDFフォーマットを選択し、「Start」をタップします。
  4. 「・・・」をタップし、「タスクマネージャー」を選択すると形式変更の進行状況が確認できます。
  5. PDF形式に変更されたファイルはドキュメントのConvertedフォルダに保存されます。

 

15.1_PDF_iPhone_Converter_50_.gif

 

STEP 2: 文字やサインを挿入

 

  1. PDFファイルを開きます。
  2. 必要な情報をテキストボックスや署名ツールを使って入力します。
  3. お好みのフォントやテキスト、色を指定できます。

 

15.2_PDF_iPhone_Text_Sig_50_.gif

 

STEP 3: 編集不可の形式でファイルを共有

 

  1. 編集が終わったら、「共有」を選択します。
  2. 「Flattenedコピー」を選択し、編集不可の形式で共有します。
  3. ファイルはメールやAirDrop、WiFiを使用して転送できます。

 

15.3_PDF_iPhone_Share_50_.gif 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。