フォローする

注釈ツールの3つの活用方法

 

PDFファイルの注釈ツールをさらに活用する3つの方法を紹介します。

  

1. 全ての注釈を取り除く

 

受け取ったPDFファイルが注釈だらけで読みにくい場合、瞬時に全ての注釈を取り除くことができます。

  1. ファイルを開き、「BOTA」をタップします。
  2. 「A」をタップすると、注釈リストが表示されます。
  3. 「削除」アイコンをタップすると、全ての注釈内容が削除されます。

(注記:編集不可のPDFファイルの場合、注釈を削除できません。)

 

Reader_Remove_Annotation_60_.gif

 

2. 注釈内容を保存

 

編集中に注釈が全て消えてしまった経験はありませんか?注釈内容を保存して、いつでも元のPDFファイルに取り込むことができます。

  1. 「BOTA」をタップし、「A」をタップして、注釈リストを表示します。
  2. 画面上部の「M」アイコンをタップすると、注釈内容がXFDFフォーマットに変換されて保存されます。
  3. 注釈内容は「My Markups」フォルダに保存されます。

 

Reader_Save_Annotations_60_.gif

 

3. 注釈の概要を共有

 

注釈の概要をメール等で共有することが出来ます。

  1. 注釈したファイルを開きます。
  2. 画面右上隅にある「・・・」アイコンをタップし、「共有」を選択します。
  3. 「概要」を選択すると、注釈の概要を共有することが出来ます。

 

14.3_PDF_iPad_Annotation_Summary50_.gif

 

 

4. 注釈内容と個人ノートの連携

 

PDFファイルをNoteLedgeにインポートし、さらに注釈内容と他のノート情報を連携して個人専用の知識索引ライブラリーを作成します。

  1. 注釈したファイルを開いて、右上隅の「More」アイコンをタップしてもっと機能を見ます。
  2. 「共有」をタップして、「ファイル」を選択します。
  3. NoteLedgeを書き出しの目標アプリに指定します。
  4. 「PDFファイルに保存」を選択して、上部の「BOTA」タップします。
  5. そうすれば注釈内容とNoteLedge内のノート索引がリンクできます。

 

Reader_NoteLedge_60_.gif

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。