フォローする

スプリットビュー機能を使ってPDF Readerを活用する3つの方法 (iOS11版)

 

スプリットビュー機能を使ってPDF Readerをさらに活用する3つの方法を紹介します。

 

1. 別のアプリの画像や文章をPDFリーダーにドラッグ&ドロップ

 

分割表示している別のアプリの文章や画像、ファイルをPDF Readerにドラッグ&ドロップして移動させることができます。(Safariを例にして解説します)

  1. PDF ReaderとSafariをスプリットビュー機能で同時に開きます。
  2. PDF Readerでファイルを開き、Safariでウェブページを開きます。
  3. Safariのウェブページで文章や画像を選択し、PDFファイルにドラッグ&ドロップします。
  4. 文章や画像のサイズが編集できます。

 

PDF_IPad_Drag_n_Drop_Text50_.gif

 

2. ファイルをPDF READERからメールにドラッグ&ドロップ

 

  1. PDF Readerとメールアプリを同時に開きます。
  2. PDF Readerのファイルリストから添付したいファイルを作成中のメールにドラッグ&ドロップします。
  3. メールにファイルが添付されます。

 

Drag_n_Drop_Email50_.gif 

 

3. ファイルアプリのファイルをPDF READERにドラッグ&ドロップ

 

iOS 11以降、ファイルアプリは標準アプリとしてiPadに搭載してあるので、ファイルアプリからPDF Readerにファイルをドラッグ&ドロップできます。

  1. PDF Readerとファイルアプリを同時に開きます。
  2. ファイルアプリのiCloud Driveや他のアプリからファイルをPDF Readerにドラッグ&ドロップします。
  3. ファイルがPDF Readerのファイルリストにインポートされます。

 

Drag_n_Drop_Files50_.gif

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。