フォローする

深度閲覧-夜間、プレゼン及び録画モード

 

PDF Readerは完備な生産性向上ツールです。新ユーザーでもヘビーユーザーでも、これから説明する三つのスキルで新しい領域に向かいましょう!

  

ナイトモード

 

寝る前にスマホやパッドで閲覧する習慣は目に悪い影響を与えますね。ナイトモードによって眼精の負担が少なくなり、睡眠の質もよくなります。

  1. PDFファイルを開きます。
  2. ツールバーの「閲覧モード」アイコンをタップします
  3. 背景色を白から黒に切り替えるとナイトモードになります。

 

iPhone_Night_50_.gif

 

スライドショーモード

 

PDF ReaderでPDFファイルをスライドショーモードに出力できます。投影カーテンに繋げば、iPhoneやiPadでプレゼンできます。

  1. PDFファイルを開いて、右上隅の「More」アイコンをタップしてメニューをもっとみる。
  2. 「スライドショー」をタップして、PSD Readerはフルスクリーンモードに入ります。
  3. PDF Readeのプレゼンテーションモードで簡単にページを捲ったり、レーザーペンや鉛筆ツールなどで実感的なプレゼンを実行します。

(ヒント:スライドショーモードでモニターに記入した記号や文字など注釈はPDFファイルに保存されません。)

 

iPhone_Slide_50_.gif

 

画面録画モード

 

iOS11以降を搭載しているiOS装置にPDF Readerが画面録画モードも対応しています。プレゼンテーションモードに入っている同時に、画面と音声の撮影ができ、動画の形で書き出します。

  1. プレゼンテーションモードで、右上隅の「ビデオレコーダー」ツールをタップします。
  2. レコーダーが起動して、画面録画や録音の許可を与えます、
  3. 録画が完成して、動画は装置の「カメラロール」に保存されます。

 

iPhone_Record_50_.gif

 

動画、音声編集しましょう!

 

Kdanで提供していた編集ツールシリーズを使ってみませんか?ビデオをWrite-on Videoまで書き出して、効果や説明をつけましょう。

 

iPhone_Export_to_WO_50_.gif

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。