フォローする

ロトスコープ

ロトスコープ機能(Rotoscoping)とは?

ロトスコープはフライシャー・スタジオを設立したフライシャー兄弟の兄マックス(Max Flesicher)が1915年に発明した歴史の長い技法です。実写映像をベースにしてアニメーション映像を作り上げ、動く物体の輪郭と動作をトレースする手間を掛かるが、2D動画の写実と技術は高めています。ロトスコープのストーリをもっと知りたいなら The Story of Rotoscoping (英語)へご参照ください。

 

Animation Deskのロトスコープ機能の使い方

新規シーケンス作成する時、ビデオインポートを選択して、「ロトスコープ」チェックボックスをチェックすればAnimation Deskはビデオをペン入れに変換します。下記2つのビデオを例に、左側のビデオはオリジナル状態で、右側のはロトスコープでインポートした結果です。

ロトが成功してから、他のレイヤーでビデオの輪郭をトレースして、他の動画素材を追加したりして動画を完成させます!

Lucky_draw_normal_crop.gif    Lucky_Draw_rotoscope_crop.gif

 

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。