フォローする

PDF Readerの作業効率をUPさせる3つの方法

 

PDF Readerを活用して、作業効率をUPさせる3つの方法をご紹介します。 

 

1. 必要なページだけ残して保存

 

受け取った複数ページに渡るPDF文書から必要なページだけを残したいと思ったことはありませんか?そんな時は、「ページ分割」または「削除」機能を活用しましょう。

  1. PDFファイルを開いて、上部にある「Kdan Cloud」のアイコンをタップします。
  2. 「ファイル分割」をタップして、分割方法を選択します。
  3. ページ範囲や、ファイル数、またはページ数を指定して分割することができます。
  4. 分割したファイルは「Split & Merge」フォルダに保存されます。

 

iPad_Split50_.gif

 

2.デバイスを横断し、クラウド上で全てのファイルにアクセス

 

Kdan Cloudを使って、ファイルをクラウド上でも管理することによって、デバイスを横断してどこでも簡単にファイルにアクセスすることが可能です。

  1. Kdanアカウントにログインします。アップロードしたいファイル下部のドロップダウンリストをタップます。
  2. 「アップロード」を選択して、Kdan Cloudにファイルをアップロードします。
  3. Kdan Cloudとデバイスの両方にファイルがアップロードされると、ステータスバーに「クラウド&デバイス」が表示されます。

 

iPad_Sync50_.gif

 

3. 元のファイルを紛失しても大丈夫!PDFファイルをワード文章に変換

 

オリジナルのファイルが見つからない時、同じ内容のファイルを再作成しなければならないのは時間の無駄ですよね。そんな時は、ファイル形式を変換して、PDFファイルをワード文書に変換しましょう。

  1. PDFファイルを開いて、上部にある「Kdan Cloud」のメニューから「変換ツール」をタップします。
  2. 左右にスワイプすると変換可能な形式を選択することができます。
  3. 形式を変換すると、そのファイルは自動的に「Converted」フォルダに保存されます。
  4. Kdan Cloud で全バージョンのPDF Readerからアップロードしたファイルにアクセス可能です。

(注記:ファイル分割や形式変換、Kdan Cloud等の機能は全iOS及びMac OSに対応しています。)



iPad_Converter50_.gif

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。