フォローする

【PDF Reader活用術】学習・仕事をさらに効率化させる3つの方法

 

さらなる学習習慣の最適化、作業の効率化を図る3つの方法をご紹介します。(ファイルをクラウドで管理、音声メモを作成、デジタルコピーの作成)

  

1. ファイルをクラウドで管理する

 

PDF Readerは、Dropbox、Google Drive、OneDrive、Evernote、Kdan Cloudなどのクラウドサービスに対応しています。ファイルをクラウドで管理することで、どこからでも簡単にファイルにアクセスできます。

  1. ネットワーク」タブをタップします。
  2. クラウドアカウントにログインします。(PDF Readerがクラウドサービスにアクセスできるように設定しておく必要があります)
  3. ドキュメントをPDFリーダーにダウンロードします
  4. ダウンロードしたファイルは「ダウンロード」フォルダーに保存されます

(ファイルをクラウドにアップロードするには、「ドキュメント」タブからファイルを選択し、「クラウドに移動」をタップしてクラウドに同期します)

 

 PDF_iPad_Sync_to_Cloud50_.gif

 

2. 音声メモを録音する

PDF Readerは音声メモを作成することができます。

情報を単に記録するのではなく、自分に合ったメモ取りツールを見つけて、学習に集中してください。PDF Readerには、PDFに埋め込まれた音声メモのサポートが含まれており、学習資料を簡単に確認できます。

  1. PDFファイルを開き、長押しします
  2. ポップアップメニューから[ サウンド]を選択します
  3. ここに追加タップして録音を開始します
  4. 完了」をタップすると、音声メモが保存されます
  5. 再生」ボタンをタップすると、音声が再生されます

(注記:PDF Readerは、1ファイルにつき最大15分間のオーディオ録音が可能です。PDF形式で長時間のオーディオ録音をおこなうことはできません。)

 

PDF_iPad_Audio50_.gif 

 

3. スキャナー機能でペーパー資料をデジタル化 

スキャナー機能で資料や会議メモをデジタル化(PDF変換)することで、簡単に資料を整理整頓、共有することができます。

  1. スキャナー」をタップし、カメラを起動します
  2. ドキュメントをカメラの下に配置し、スキャンを開始します(連続して複数ページスキャンできます)
  3. または、「アルバム」をタップし、フォトライブラリから画像をインポートすることもできます
  4. 「完了」をタップすると、「スキャナー」タブに新規フォルダとして保存されます

 

PDF_iPad_Scanner50_.gif

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。