フォローする

スライドショー機能の3つの活用方法

スライドショー機能の3つの活用方法を紹介します。



1. PDFをスライドショーに変える

デバイスをプロジェクター(またはApple TV)に接続します。

  1. iPhoneでPDFを開きます
  2. 右上隅の[・・・]ボタンをタップします
  3. 「スライドショー」をタップします
  4. デバイスの画面をスライドさせて直接操作ができます。

201902_PDF_iPhone_Slideshow50_.gif



2. スライドショーの画面録画を撮る

スライドショーモードを使用すると、画面上のすべてのアクティビティを記録できます。その後、記録したものをローカルデバイスに保存するか、YouTubeチャンネルにアップロードして共有するかを選択できます。

  1. スライドショーモードにします
  2. 右上隅の「レコーダー」をタップします
  3. カメラとマイクを有効にします
  4. 画面録画を開始

201902_PDF_iPhone_ScreenRecording50_.gif



3. スライドショーの画面に直接書き込む

スライドショーモードでは、手書きでメモを作成できます。

  1. 画面上のツールの下部にある「・・・」ボタンをタップします
  2. ペンと色を選択します 
  3. 手書きでプレゼンテーションを加工します。

(注記:スライドショーモード時の画面上の編集内容はPDFに追加されません。)

201902_PDF_iPhone_WriteonScreen50_.gif



教育機関の関係者様

 

14.png

1年目は50%割引!Document 365を手に入れましょう。所属機関のメールアドレスを入力すると、クーポンコードが記載されたメールが送信されます。

今すぐサインアップ

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。