フォローする

共同作業にスタンプツールを上手に使う(スタンプ作成及び挿入、レイヤー統合ファイルコピーでスタンプを保護)

共同作業のドキュメントを一人以上と交換する場合、注釈やスタンプツールを利用することでより効率的に回覧すします。これから、PDFスタンプツールで情報共有する方法を3つ/2つのシチュエーションで説明します。



注記挿入で編集する箇所を指摘する

 

契約書や説明書などを回覧するときに、「Sign Here」スタンプを利用して、編集や署名する場所を指摘することができます。



  1. PDFファイルを開いて、「スタンプ」ツールをタップします
  2. 「スタンダード」タブで「Sign Here」スタンプがあります
  3. 「Sign Here」を押して、スタンプを文書の署名される場所に挿入します

 

201903_PDF_iPad_Standard_Stamp50_.gif

注記挿入でステータスを示す

 

カスタムスタンプ機能で時間と日付け情報を入れることで、組織内部で書類を回覧する間に書類処理の情報や結果を担当者が表記することができます。

 

  1. スタンプツールで「カスタム」タブに切り替えます
  2. 「+」記号をタップして、「文字スタンプ」作成を選択します
  3. 「Paid」を入力することで入力フィールドで時間と日付けの情報が表示されます
  4. スタンプをファイルに入れおきます

201903_PDF_iPad_Text_Stamp50_.gif

注記内容編集を制限

 

挿入されたスタンプが重要な情報を含め、文書に永久に保存する必要の場合、統合したコピーを作成することで、大事な情報は削除されないように保存されます。

 

  1. 右上隅にある「More」ボタンを押してタスクメニューをもっと見る
  2. 「統合したコピー作成」項目を選択します
  3. 統合したコピーは新ファイルとしてファイルリストに保存されます

 

201903_PDF_iPad_Flatten_Stamp50_.gif

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。