フォローする

スタンプツールを使ってPDF環境の作業効率を高める3つの方法

複数人で同じドキュメントで作業する場合、スタンプを使用すると作業効率を高めるのに役立ちます。PDFリーダーのスタンプツールを活用する3つの方法を紹介します。



1. 署名が必要な箇所に印を付ける

契約書や同意書などに「ここに署名」スタンプを挿入し、署名者に編集してもらいたい箇所を知らせることができます。署名してもらった後、スタンプを削除することもできます。

 

  1. PDFを開き、「スタンプツール」をタップします
  2. 標準」タブから「ここに署名」スタンプを選択します
  3. 挿入したい場所にスタンプを配置します

201903_PDF_iPhone_Standard_Stamp50_.gif



2. スタンプを使ってプロセスの段階を示す

カスタムタブから日付と時間付きのカスタムスタンプを挿入できます。これは、請求書等のやり取りの際に「受領済」「承認済」「支払済」といった各段階でマークを付けるのに役立ちます。

 

  1. 「スタンプツール」をタップし、「カスタム」タブに切り替えます
  2. +」をタップして「テキストスタンプ」を選択します
  3. テキストフィールドに「支払済」と入力し、日付時間のタブを切り替えます
  4. 挿入したい場所にスタンプを配置します

201903_PDF_iPhone_Custom_Stamp50_.gif



3. スタンプを編集不可にする

スタンプを編集不可にすることも可能です。

 

  1. 右上の[・・・]ボタンをタップします
  2. 「別のファイルとして保存」を選択します
  3. 新しいファイルがファイルリストに保存されます 

201903_PDF_iPhone_Faltten_Stamp50_.gif

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。