フォローする

PDF Readerの作業効率をUPさせる3つの方法

PDF Readerを活用して、作業効率をUPさせる3つの方法をご紹介します。 

 

1. 紙からデジタルファイルへの移行

契約を電子メールで送信している間、ファイルを印刷して署名し、スキャンして送り返してメールで送信することができます。 ただし、より良い方法が常にあります。

  1. PDFを1つ開き、注釈ツールバーの「手書き」ボタンをタップします。
  2. ブラシのサイズと色を変更します。
  3. 次に、指またはスタイラスでPDFに書き込みます。
  4. 「チェック」ボタンをタップして、手書きを保存して終了します。
  5. PDFを新しいドキュメントとしてローカルデバイスに保存したり、PDFリーダーアプリ内から他のユーザーと即座に共有したりできます。

201911_PDF_UWP_Sign_Documwents50_.gif

 

2. ドキュメントの再作成は不要

一般的なフラストレーションは、PDFドキュメントの再作成に時間を費やすことです。 Microsoft Wordで素材を最初から作成し直すのではなく、PDFをWordに変換してみてください。

  1. PDFを1つ開き、左側のメニューバーで[コンバーター]をタップします
  2. 左または右にスワイプして出力ファイル形式を選択し、変換を開始します。
  3. 次に、出力ファイルはKdan Cloudの「変換済み」フォルダーに保存され、PDFリーダーアプリからアクセスできます。
  4. 出力ファイルを見つけて、PDFリーダーアプリにダウンロードします。 次に、それをMS Wordソフトウェアで開いて、さらに編集できます。

201911_PDF_UWP_PDF_to_Word50_.gif

 

3. 作業を同期させる

複数のデバイス間での作業は困難な場合があります。 それらすべてを簡単に整理できるようにしてください。そうすることで、作業に費やす時間を減らし、物事を成し遂げるのにより多くの時間を費やすことができます。

  1. Windowsアプリ内からKdan Cloudにファイルをアップロードします。
  2. PDFリーダーモバイルアプリを起動します(例としてAndroidバージョンを使用)。
  3. 「Kdan Cloud」タブに移動し、アプリに必要なファイルをダウンロードします。
  4. Androidアプリを使用して、共有やその他の編集ツールを使用できます。

201911_PDF_UWP_Sync_to_Android50_.gif

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

サインインしてコメントを残してください。